英語を勉強する理由がわからなくなった。そんな時に考えて欲しいこと

英語を勉強しているとなぜ学習しているのか理由に迷ってしまう事がありますよね。学習相談を受けていても、仕事でも日常生活でも英語を使わないのに、一体何で勉強しているのだろうと、モチベーションが下がってしまう、と言う声をよく聞きます。

英語学習は、時間もお金もかかりますから、使う理由が見つからないと、このまま続けていいのかと不安にもなりますよね。今回は英語を勉強する理由、モチベーションを下げないための学習のコツについて考えてみました。

使わなくたって勉強したらいい!

仕事柄、英語をスタートすべきかどうかと悩む人によくお会いします。英語に憧れはあるから、勉強を始めたい気持ちはあるけど、どこかで使う訳でもないのにお金も時間を投資をしちゃっていいのかなと、なかなか一歩が踏み出せずに悩まれています。また思い切って学習を始められても、使う機会がないことで続けていいのかなと同じように悩まれます。

そういう方にお伝えしているのが、今現在、英語を使わなくても、喋れるようになりたいという憧れがあったらそれでいいということです。

現代社会は、何か新しいことを始めるときに、今の生活に直接役に立つかどうか、すぐに身に付くかどうかで判断されがちです。

ただ英語は喋れるようになるのに時間もかかりますので、すぐに生活に役に立つかどうか基準で判断してしまうと、今現在使っていない人は、英語学習をそもそも行うことへの意義が持てなくなってしまいます。

それに人は憧れたことや理想を実現するために生きている訳ですので、英語を喋っている自分を想像した時、素敵と思えるのであれば、今の生活に役立つかどうか関係なく始めてしまえばいいのです。

できないことをできるようにしていく過程を経験することで、話せるようになること以外にも得られる事はたくさんあります。

特に英語は勉強をしてみることで、世界へ目を向けることができるので、今まで興味が無かったり、見えなかった世界があったことに目を向ける機会が増やすことができます。私も学習をするまでは縁が無いような人や事柄に関わることができるようになりました。

学習を通してできるようになる事が増え、いろいろな事に興味を持つ事ができ、なりたいなという憧れの姿に近づく事ができる。それなのに、今役に立たない、英語を使う機会がないからといって、英語の勉強をやめちゃうって本当にもったいないのです。

人生が楽しくなる事は確実なので、英語をやってみたいと思ったら、絶対に始めた方が良いとお伝えしています。始めることで、話せるようになる事以外でも得る事が多いですからね。英語を始めてよかった事を下記にもまとめていますのでよかったら参考にしてみてください。

英語を勉強して良かった!勉強したことで表れた変化

使う機会がないなら作ればいい!

とは言っても使う機会が全くないと学習しても疲れてくるのも事実です。運動も仕事もそうですが、人間、変化を感じれないと疲れてしまいますからね。英語学習のモチベーションが下がってしまう方の特徴として、使わないので、自身が変化する実感が感じれないという事があります。ですので、使う機会がないという事なら、まずは使う機会を作っていくことを意識してみてください。

もちろん会話をする事は大事ですが、相手あってのものですので、まずは始めやすい事からが良いでしょう。例えば、自分が好きなもので、英語につなげられるものがないかを探してみると効果的です

ドラマを見るのが好きな人なら海外ドラマを見てみたり、音楽が好きな人は海外の音楽を聴いていくなど、好きな分野の中から、世界に目を向けていくと英語を使う機会が広がっていきます。

これが英語を学ぶ楽しさでもあります。今まで日本のものにしか目が向かなかった事が、英語を勉強する事で、世界を対象にする事ができるので、掘り下げられるものが一気に増えますそうすると自身の趣味や知識の幅が広がって、人生を豊かにすることができるのです。

興味の幅が世界規模で広がる!

最近私はそれで、アメリカのバスケットボール、NBAへの興味へとつながりました。元々小さい頃、バスケが好きだったのですが、日本だと野球やサッカーほどメジャーでないので、すっかり縁遠くなってしまっていました。

ただ英語を勉強するにあたってNBAを見ることを思いつき、何気なく見始めたら、見事にバスケ熱が再燃しました。NBAはプレーレベルが異次元なので、とても面白いのです。スポーツは世界基準で観れると、トップレベルのプレイが身近になって面白くなります。

また試合を見始めると、あのプレイ、みんなはどう評価したのかなど、試合内容に対しての現地での評価などが気になるんですよね。今はネット社会ですので、現地の人たちのNBAの解説や、試合を見ていた人たちや選手の試合後の感想なども、簡単に知ることができます。そういったものを生で理解できたら楽しいだろうな、と英語を勉強するのがまた楽しくなっています。

また、最近はバスケもそうですが、贔屓の選手のファッションや、会場で流れている音楽など、今まで全く興味が無かったジャンルにも関心が広がってきています。自分の中で新たな価値観が生まれていくのを感じると、英語を勉強しててよかったなと感じれます。

私たちが英語を勉強すると良い理由は、言葉が上手になることだけではありません。学習をする事で、自分の好きなことに対して新たな興味が広がり、しかも世界規模で関心が持てるようになることも大きなメリットです。

英語の中でもジャンルを絞ると続きやすい!

英語って「英語」ってジャンルで勉強するとあまりに広大なジャンルで、挫折にも繋がりやすいですが、自分が話したいジャンルを決めて特化していくと、勉強がしやすいです。先ほどの英語の使う機会を作る話と重なりますが、英語を使って何を知りたいのか、どんな趣味の世界を広げていきたいかをクリアにして、それに沿うように勉強する事が英語の学習の意味が見出しやすいです。

私の場合はバスケですので、バスケのプレイやルール中でよく使う単語などをまずは勉強して、解説者が聞き取れる単語を増やしたり、有名選手のツイッターをフォローしてつぶやいている内容を読めるように勉強しています。学びたいことをあいまいにせず、出来るだけ興味のある項目を絞り、それに関連することを優先して勉強すると、上達も感じやすいと思います。

まとめ

英語を勉強していると、使う機会がなく、学習の理由が見出せなくなって不安になってしまうことがあります。でも英語を使って、自分の趣味や好きなことの世界を文字通り広げることができれば、勉強する意味も見つかりやすくなります。ぜひ自分の好きなことを、英語を使って世界規模にしていきましょう。

英語を勉強する理由がわからなくなった時にこそ考えてほしい
最新情報をチェックしよう!