カナダのトイレ事情!日本と比べてトイレは使いやすいの?

お食事中の方はすみません。汚い話で恐縮ですが、今回はトイレの話をします。海外に行くと戸惑うのがトイレ文化の違いです。私もワーホリでカナダに行った際、正直戸惑いました。日本は公共のトイレが綺麗なことで有名ですが、カナダはどうなのでしょうか。今回はカナダのトイレ事情についてまとめています。

日本の公共トイレ最強説

ワーホリや旅行に行くたびに、日本の素晴らしい文化として感じるのがトイレです。清潔だし、いたるところにあるし、詰まりにくい。お腹の弱い私は、これがあるから日本に住んでいると言っても過言ではないくらいです笑。トイレを大切にする文化で本当によかった。正直日本のトイレは世界一綺麗なのではと思ってます。

カナダのトイレ事情

カナダは日本のトイレとに慣れていると、綺麗ではないと感じてしまうと思います。基本的には日本と同じように、水洗ですし、トイレットペーパーも普通に流れますが、掃除が行き届いていなかったり、匂いがきつかったりします。高級ホテルのロビーにあるトイレでも、汚いことがあるのであなどれません。

ただカナダでは公共の場所でも無料でトイレは使えるので安心下さい。冷静に考えると日本が綺麗すぎるだけで、無料でしかも問題なく使えるトイレがあるという時点で滞在しやすい国な証拠なのですね。

ウオッシュレット&暖房便座はない

ウオッシュレットはありません。急に変えるとお尻が痛くなるから気をつけときましょう。時差ボケの中お尻も痛いってのはなかなかきついので、

扉の上下がめっちゃ空いてる!

海外の映画などを見ていると時々出てきますが、トイレの個室は扉が、犯罪防止のためもあり、扉の上と下が、がっつり空いてます。幅でいうと20センチくらいでしょうか。普通にしてたら外から見えてしまうことはありませんが、日本の密閉された扉のトイレに慣れていると、最初はちょっと落ち着かないと思います。

露骨に覗かれることも無いとは思いますが、隙間から中に入れてしまうんじゃないかなと心配になります。

トイレが詰まりやすい

トイレットペーパは流して良いのですが、配管が細いのか、結構すぐに詰まります。

私は自慢ではないですが、1ヶ月のホームステイで3回、その後住んだシェアハウスでも2回詰まらせてしまいました。

ちなみにホームステイ先ではあまりにすぐに詰まるものですから、本当に自分のせいなのかと自分でも疑ってしまいました。

オーナーに俺のせいという証拠はないだろうとしらばっくれてみたのですが、あいにくシェアメイトはイスラム教で、紙を使わないから、犯人はお前しかいないんだよとすぐにバレてしまいました。悪いことはできないものですね。

それ以来カナダでトイレに行くときは、最初に正常に流れるか必ずチェックするようになりました。終わった後流れなかったら悲惨ですからね。使用中は詰まらないよう、こまめに流すようにすると詰まりにくいです。

トイレの数は少ない

またそもそも街中にトイレ自体が少ないということもありますので、お腹が弱い人は、行動範囲の中で確実に行けるトイレスポットを決めといた方がいいでしょう。

カナダはイギリスなどに比べたらまだ多い方らしいですが、それでも日本と比べると圧倒的に少ないです。街にコンビニがあまりないこと、駅にトイレがないことも多いため、トイレが近い人には厳しい環境です。

公共のトイレがある場所としては、図書館、ショッピングセンター、1階のトイレを解放しているオフィスビルなどが稀にあります。また公共のトイレではないですが、ホテルのロビーにあるトイレも入ることができますので困った時には借りましょう。ただ、ホテルのトイレですら綺麗でないこともあるので要注意です。

またカフェをはじめとした飲食店にもトイレはあるのですが、こちらは原則利用客しか使えません。トイレは鍵がかかっており、鍵を店員から借りて入るシステムだったりします。お腹がピンチの時に、いちいち注文するところからスタートするのは得策ではないので、トイレは行ける時に行っておき、ピンチをできるだけ作らないようにすることが原則です。

ちなみにトイレの綺麗度でいうと、傾向としては

ホテル>新しいショッピングセンター>カフェ>古いショッピングセンター>図書館

といった具合でしょうか。図書館は色々な人が利用するのであまり綺麗とは言い難いです。

まとめ

トロントのトイレ事情についてまとめました。生活していると慣れるっちゃ慣れるんですが、最初のうちは結構戸惑います。比較的日本のトイレと近い文化ではありますので、そこまで心配する必要はないですが、事前に知っておくと安心ですね。

カナダのトイレ事情!日本と比べてトイレは使いやすいの?
最新情報をチェックしよう!